スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEH-570

パイオニアは、カー用品「カロッツェリア」のカーオーディオ2011年モデルとして、1DINメインユニット「DEH-570」「DEH-470」「MVH-370」の3機種を発表。10月下旬より発売する。なお、「DEH-570」と「DEH-470」の2機種がCDやFM/AMラジオ備えたモデルで、「MVH-370」がFM/AMラジオを備えたメカフリー(CD非搭載)モデルとなる。

いずれも、USB端子を備えており、iPod/iPhoneなどのポータブルオーディオプレーヤーやUSBメモリーなどを接続することが可能。ユニット本体からのiPod/iPhoneの操作と、iPod/iPhoneからのユニット本体の操作が行える「コントロールモード」機能も備えている。さらに、iPhone用アプリケーションで再生される映像と音声を楽しむための「アプリモード」により、YouTubeなどの音声も高音質で楽しむことができる。

また、USB端子にイルミネーションを搭載し、夜間でも安全にUSBデバイスの抜差しが可能。加えて、供給電流を従来の500mAから1Aに増やしているため、iPodなどのバッテリーチャージを高速で行うことができる。

音質面では、低歪率、高効率で迫力のある音を再生する「Power MOS FET 50W×4chハイパワーアンプ」を搭載。圧縮オーディオを高音質で再生する「アドバンスド・サウンドレトリバー」機能も備えている。

このほか、「DEH-570」は、「マルチカラーLEDイルミネーション」を採用し、プリセットカラー30色の中からキー(ボタン)イルミネーションとディスプレイのカラーをそれぞれ選択することが可能。「DEH-470」は、「デュアルイルミネーション」を採用し、キーイルミネーションのカラーを赤・青で選択することができる。

価格は、「DEH-570」が14,700円、「DEH-470」がオープン、「MVH-370」が8,400円。


タイプ プレーヤー 取付形状 1DIN
搭載プレーヤー CD 外部スロット USBスロット
チューナー FM/AM モニターサイズ  
最大出力 50Wx4
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 178x50x165 mm 重さ 1 kg
スポンサーサイト

DEH-P01 CD/USB/チューナー・WMA/MP3/AAC/WAV対応DSPメインユニット。価格は105,000円(税込)

パイオニアは、1DINメインユニット「DEH-P01」を6月中旬より発売する。

車ごとに最適な音楽再生空間を自動チューニングする「オートタイムアライメント&オートイコライザー」を搭載。ハイエンドモデルに迫る精密なオーディオ調整機能により、各スピーカーの出力タイミングを調整することで、リスナーに音が到達するまでの時間を統一し、リスニングルームで聴いているかのような明確な音像の定位を実現している。

また、本体正面にUSB入力端子を搭載し、iPodやiPhone、USBデバイスに収録されたWMA/MP3/AAC/WAV形式の音楽ファイルの再生や操作が可能。入力信号をデジタルのままDSPへ伝送して信号処理することで高音質での音楽再生を実現している。AUX入力端子も備えており、ポータブルオーディオプレーヤーなどをダイレクトに接続することも可能だ。

さらに、高輝度で広い視野角を持つ「有機ELディスプレイ」の採用により、すぐれた情報表示を実現。トラックタイトルなどの情報を日本語で3行表示できるほか、操作と連動した表示画面で聴きたい曲を素早く簡単に検索することができる。

このほか、USB入力端子などを省略した「DEH-P940」もラインアップされた。価格は、「DEH-P01」が105,000円、「DEH-P940」が52,500円(いずれも税込)。



タイプ プレーヤー 取付形状 1DIN
搭載プレーヤー CD 外部スロット USBスロット
チューナー FM/AM モニターサイズ  
最大出力 50Wx6
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 178x50x162 mm 重さ 1.5 kg

U373R USB端子とAUX端子を塔載し、MP3/WMA/AACの再生に対応したCDレシーバー(1DIN)

ケンウッドは、カーオーディオの新モデルとして、1DINセンターユニット「U373」「U373R」「U474」の3機種を発表。「U373」「U373R」を11月上旬より、「U474」を12月上旬より発売する。

いずれも、MP3/WMA/AACの再生に対応したCDレシーバーで、フロントパネルにさまざまな外部機器と接続可能なUSB端子とAUX端子を搭載。別売りの接続ケーブル「KCA-iP102」を使用することで、iPhone/iPodの接続が可能。本体での操作だけでなく、iPhone/iPod側でも操作可能な「コントロールハンドモード」を利用することができる。

また、USB端子はUSB1A出力に対応しており、ポータブルオーディオプレーヤーの充電のほか、500mAバスパワーでは動作しない大容量HDDなどを利用することが可能だ。操作性では、大量の楽曲を収録したUSBデバイス内のフォルダをアップ/ダウンしてフォルダを選択する「フォルダアップ/ダウンキー」を搭載。音質面では、ボリュームの小さいときに、周りの騒音にかき消されがちな低音と高音を増強する「LOUDNESS機能」を備える。

このほか、「U373」にブルー/グリーン、「U373R」にレッドのイルミネーションを採用。「U373」「U373R」の2機種には、iPodソースにすぐに切り換えられる「iPod専用キー」を装備。「U474」には、音源に合わせてすばやく音質調整できる「オーディオファンクションキー」を搭載する。

価格は、「U373」と「U373R」がオープン、「U474」が13,650円。



タイプ プレーヤー 取付形状 1DIN
搭載プレーヤー CD 外部スロット USBスロット
チューナー FM/AM モニターサイズ  
最大出力 50Wx4
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 178x50x158 mm 重さ 1.1 kg

U575SD

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドから市販向けカーオーディオの2012年モデルとしてスマートフォンやデジタルメディアへの対応力をより強化したセンターユニット4機種とスピーカー2機種を2月から順次発売すると発表した。

このほど発売する1DINセンターユニットは、シリーズIの1機種とシリーズUの3機種の計4機種。「MOS-FETハイパワーアンプ(50W×4)」に加え、同社独自の圧縮音楽補正技術「Supreme」や「dBイコライザーPRO」「バスブースト機能」などの音質関連技術を搭載する。

またiPhone4Sにも対応するとともに、アンドロイドアプリマーケットから「ケンウッド・ミュージック・コントロール」を無料ダウンロードすることでアンドロイド搭載スマートフォンに収録した音楽を再生できる。

シリーズIの「I-K700」(2万6250円)は、メディア対応力をアップした高品位1DINモデルでSDカードスロットを標準装備するとともに、iPhone/iPod(接続ケーブル付属)/アンドロイド搭載スマートフォン/USBにも対応する。「13バンドグラフィックEQ」をはじめとする各種エフェクト機能も備え、車内での音質向上が図れる。

「U575SD/U575」(2万1000円/1万8900円)は、シンプルなフォルムに多機能を組み込んだ高音質レシーバーで、iPhone/iPodに加え、ケンウッド・ミュージック・コントロールアプリケーションにも対応しアンドロイド搭載スマートフォンに収録した楽曲も快適なミュージックサーチが可能。「ダイレクトアクセスキー」「LOGファンクション」といったワンタッチ機能などを搭載するとともに、多彩なイルミネーション機能で車内での音楽再生を演出する。

「U373BT」(1万8900円)は、ブルートゥースに対応したハイコストパフォーマンスモデル。ブルートゥース対応機器と接続することで、手軽に音楽の再生や、ハンズフリー通話が可能となる。

スピーカーは、ハイコストパフォーマンスを実現し、手軽に高音質が楽しめる10cmデュアルコーンスピーカー「KFC-E1054」(5250円)と、純正オーディオシステムに手軽に追加接続が可能な高音質チューンアップ・ツィーター「KFC-ST01」(5250円)の2機種を発売する。


タイプ プレーヤー 取付形状 1DIN
搭載プレーヤー CD 外部スロット SDカード/USBスロット
チューナー FM/AM モニターサイズ  
最大出力 50Wx4
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 178x50x160 mm 重さ 1.3 kg
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。