スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カロッツェリア、2012年秋モデルのオーディオ7機種などを発売

パイオニアは、カロッツェリア2012年モデルとして、メインユニット7機種とパワーアンプ2機種を10月下旬より順次発売する。

メインユニットは、1DサイズのCDメインユニット4モデル「DEH-780」「DEH-580」「DEH-480」「DEH-380」と、2DサイズのCDメインユニット「FH-580」、圧縮メディアの再生に特化した「MVH-580」「MVH-380」と幅広いラインアップを展開する。

最上位機種となるDEH-780は、USBデバイスやSDメモリーカード内の楽曲を検索して、アルバム/アーティスト/曲名/ジャンルごとにリスト表示する「ミュージックブラウザ」を搭載。「日本語3行表示」で分かりやすく表示したリストを、レバーキーを使って高速スクロールし、聴きたい曲をすばやく検索することができる。

パワーアンプのGM-D7400、GM-D7100は、新開発のクラスD増幅回路を採用し、小型・軽量で高音質・ハイパワー再生を実現したほか、純正カーオーディオなど幅広いシステムと組み合わせることができる。

また同時に、新型ホンダ車用、トヨタ・ハイエース/レジアスエース用の「高音質インナーバッフル スタンダードパッケージ」も発売する。

価格は1DINメインユニットが7350円から1万8900円。2DINメインユニットが1万5750円。パワーアンプ、GM-D7400が2万6250円、GM-D7100が2万1000円。インナーバッフル、ホンダ用が4200円(2個1組)、トヨタ用が5250円(同)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。